県有施設のあり方見直し「慎重に検討を」 デジタル化 情報漏洩対策、プライバシー保護を 行財政改革特別委 PCR 検査の抜本的な拡充を 学校での感染拡大防止、医療従事者への支援 危機管理対策特別委 

 酒井宏明県議が所属する行財政改革特別委員会が3月16 日に開かれ、12 項目からなる「提言」及び審議経過をまとめた「委員会報告書」を全会一致で採択しました。知事への主な提言内容は次の通りです。▽県有施設のあり方見直し最…

障害者用テニスコート廃止に「ひどい」の声 酒井県議 存続求める 敷島公園新水泳場にPFI 導入? 酒井氏 反対表明し 慎重な検討を求める

 県勤労福祉センター(前橋市野中町)の敷地内にあるテニスコートは、車いすでも使える(パラテニス)コートとしても人気がありました。ところが、県は昨年4 月から使用を中止し、今年4月から廃止する条例案を議会に提出。利用者から…

県有施設のあり方最終報告案示される 県民世論受け 当初の見直し方針を大幅に修正 PFIなど安易な民間委託やめよ 酒井県議 行財政改革特別委

 県議会行財政改革特別委員会が5 日に開かれ、見直し対象となった10の県有施設について、最終報告案(年度内に公表)の概要が示されました。【県民会館】前橋市と連携し、今後の施設のあり方について、引き続き検討する。【総合スポ…

飲食関連業への支援金 「減収30%以上」に 党の提案一部実る  3 月中旬~申請開始 対象業種広げ、支給速やかに 酒井県議 産経土木常任委

4日の産経土木常任委員会で、酒井宏明県議は、飲食関連事業者等事業継続支援金について、「今年1月又は2月の事業収入(売上)が前年同月比で30%以上減少」と支給条件のハードルを下げたことを評価。早期具体化と支援金の速やかな支…