新型コロナウイルス

新型コロナウイルス

第5回臨時会 医療崩壊避けるための具体策を 飲食店等への休業・時短要請協力金に賛成  伊藤議員が質疑

 群馬県でも20 日から緊急事態宣言が発令されました。これに伴い県は、営業時間短縮・休業に応じた飲食店や大規模施設などへの協力金を支給するための総額121億円余の補正予算案を8 月20 日の第5 回臨時会に提出しました。…

新型コロナウイルス

宿泊支援事業県は拙速を陳謝 中高生のワクチン接種は慎重に 時短要請再延長の判断基準を明確にPCR検査が感染防止の要 酒井県議が質問

 酒井宏明県議は10 日、県議会新型コロナウィルス感染症対策特別委員会で質問しました。 酒井氏は、低年齢者への接種には慎重論もあると指摘したうえで、中学・高校生へのワクチン接種についてただしました。県は、副反応など十分説…

新型コロナウイルス

追加議案 県独自で中小業者に支援 支給までの時間短縮図れ 人員増も 伊藤県議が質問 ワクチン接種センターに「Gメッセ」 党の提案実る

第2回定例県議会で6月4日、日本共産党の伊藤祐司議員が追加提出された補正予算案について質問しました。 予算案は、まん延防止等重点措置に伴い影響を受けている中小事業者への支援金や、宿泊事業者の感染防止対策への支援など合計3…

新型コロナウイルス

臨時県議会 県営ワクチン接種センター 2カ所に 予約システム、人材確保などで付帯決議        酒井県議  交通費の実費支給求める  伊藤県議 「予約難民を作らない工夫を」

 群馬県は新型コロナワクチン接種を急ぐため、県内2か所に県営接種センターを設置する計画で、19 日の臨時議会に約37 億円の補正予算案を提出しました。 日本共産党の酒井宏明県議は本会議で、接種センターまでの交通費について…

新型コロナウイルス

県議団 新型コロナ感染者急拡大を受けて県に緊急要請 群馬を緊急事態宣言の対象地域に医療機関・福祉施設でPCR 検査を頻回に

 日本共産党県議団は7 日、津久井副知事に対して、以下の要請書を手渡し懇談しました。 新型コロナウイルスが全国的に急拡大し、第3 波を上回る様相をみせています。群馬県でも6 日現在、患者数は累計で6400 人を超え(10…

新型コロナウイルス

飲食関連業への支援金 「減収30%以上」に 党の提案一部実る  3 月中旬~申請開始 対象業種広げ、支給速やかに 酒井県議 産経土木常任委

4日の産経土木常任委員会で、酒井宏明県議は、飲食関連事業者等事業継続支援金について、「今年1月又は2月の事業収入(売上)が前年同月比で30%以上減少」と支給条件のハードルを下げたことを評価。早期具体化と支援金の速やかな支…