踏み込んだPCR検査を 災害時の専門チーム設置要望 伊藤県議が質問

 伊藤祐司県議は7日、県議会危機管理対策特別委員会で、コロナ対策や、災害時の感染対策について質問しました。
 伊藤県議は、女優の広瀬すずさんが、映画撮影現場で定期的に行う集団検査でコロナ陽性と判明したことにふれ、検体採取可能な医療機関数が多い利点を生かし、医療機関、保育園、高齢者施設などの集団検査を行うよう提案。濃厚接触者の周辺まで検査範囲を拡大しているとの回答に伊藤氏は、「さらに一歩踏み込み、集団全体の検査をしてほしい」と求めました。
 伊藤氏は、避難所での感染対策について、パーティションや段ボールベッドなどの備蓄状況や、避難所運営指針をただしました。県は、備蓄は十分でないが、リモートで市町村との打ち合わせ、設営訓練を行っていると述べるにとどまりました。伊藤氏は、備品の数量だけでなく雑魚寝解消の視点も持ち、県としての運営方針を示すよう要望しました。