新型コロナウイルス感染症に関する学校臨時休校について 県教長に申し入れ

活動報告

 新型コロナウイルス感染症に関する学校臨時休校中の、学童保育所運営に関する支援について、本日午後、伊藤祐司県議団長が笠原寛教育長に口頭で申し入れました。

申し入れ内容は以下の通りです。
  
 学校が休校になる一方で、学童保育所は開所を求められているが、一人あるいは子どもだけで家にいなければならない児童への対応として、朝からの開所が求められることになる。急なことでもあり、現場では支援員等の確保に困難をきたしている。休校になった学校の先生が午前中だけでも1人、2人学童保育に応援に行くことが可能ならば、とりあえずではあるが、人員確保の問題は回避することができる。
 この対応には教職員の合意が必要なことは当然であるが、合意を得るためにも、各教育委員会から各校長に、意向を伝えてもらうよう検討していただきたい。  

 笠原教育長からは、「勤務時間内であれば対応ができるかもしれません」との返答がありました。