1億円超の動画スタジオ/県民の理解得られない 酒井県議が本会議で反対討論

活動報告

 県議会本会議が9日開かれ、第3回前期定例会で審議された議案と請願への委員長報告の一部について、酒井宏明議員が反対討論しました。
 山本知事が「県の情報発信力を強化し、県民の新たなプライドを醸成していくための最重要拠点にしたい」として、9月補正予算案の目玉とした動画スタジオ(約1億2千万円)について、酒井氏は、多くの県民から疑問や批判が相次いでいることや、総務企画常任委員会での審議で自民党議員からも疑問や注文が寄せられたことにふれながら、「何をどのように発信するのか、十分な議論のないまま税金を投入することは、県民の理解を得られない」と批判。国の言いなりにマイナンバーカードを普及促進するための予算案についても、強制的な押し付けはやめるべきだと強調しました。
 西毛広域幹線道路の請負契約締結、上信自動車道の請負契約変更の議案について、「県政県民意識アンケートでも、幹線道路の整備・接続よりも、医療や教育、子育て支援を望む声が圧倒的だ」と指摘し、大型開発に固執する県政に警鐘を鳴らしました。