コンベンション施設駐車場建築 県「工事費膨らむことはない」 総務企画常任委

活動報告

 コンベンションセンター「Gメッセ群馬」について、県は国からの交付金を目当てに、施設整備費4億8千万円余を前倒して補正予算案に計上するなど、建設推進に前のめりの姿勢が際立っています。5日の総務企画常任委員会で酒井宏明県議は、立体駐車場の建築工事の請負契約議案について、県の姿勢を質しました。
 本契約は、冬木工業などのJV(共同企業体)が22億4千万円余と、他のJVより3~4億円安い金額で落札しました。委員会で酒井氏が、工事費が今後追加されることはないかと質したのに対し、県は「適正な入札であり、工事費がふくらむことはない」と強弁しました。
 一方、立体駐車場の電気管制設備工事に関しては、低入札価格制度(入札額が調査基準価格以下だったため、契約内容が履行できるかどうか調査したうえで落札者を決定する)が必要となったため、落札は保留となりました。今後、植栽工事や外周部外構工事、太陽光発電所設備工事などが発注される見込みです。