大型開発優先、借金依存体質強める予算 第1回定例会閉会/酒井氏が討論

討論に立つ酒井県議 活動報告

 22日、第1回定例会が閉会しました。2017年度当初予算と請願の一部について、酒井宏明県議が反対討論しました。
 来年度予算について、特別支援学校等の整備・改築、子ども医療費無料化継続など評価すべき点もある一方で、依然として大型開発優先、福祉・くらしに冷たい予算編成だと批判。当初予算として初めて減収補てん債(156億円)が計上されたことに対しても、「地方交付税での後年度償還は75%、約40億円は県の負担となる」と指摘しました。
 県は来年度、「7つの交通軸」(287億円)、八ッ場ダム(91億円)、コンベンション実施設計(13億円)など、大型事業に巨額の税金を投入しようとしています。酒井氏は、「借金までしてやるべき事業ではない」と指摘し、借金依存体質をさらに強める予算に反対しました。

○教職員削減定数維持で少人数学級拡大を

 公立学校教職員の定数を、県立と市町村合計で108人削減する条例改定について、定数を維持するだけでも30人学級の拡大が十分可能だと強調。県立女子大と県民健康科学大学を公立大学法人に移行する条例に対しても、大学の自主性が制限され、学問研究が財政重視の方向へと変質していく危険性を指摘し反対しました